peace peace peace

peace3126.exblog.jp

たいせつなもの

ほんとうに
たいせつなものは
めには
みえない
そう、
しんじています

ちいさな言葉のお芝居「月の光」のたいせつな言葉です。

「たいせつなもの」誰でも、何かありますよね。
他人には理解できない、社会的、経済的には価値がなくても、自分だけのたいせつなモノ。
私には、いくつかあります。
これを失ったら、生きてはいけないモノ。
これを失うぐらいなら、死んだ方がマシだと思うモノ。

そのたいせつなモノが軽く扱われた時、すごく嫌な気持ちになりませんか?
私は、最近そんなことがありました。
それ以降、その人の声が遠くで聞こえます。
数日間、どんよりと過ごしていました。

暫く経ったある朝早く、友人からメールが来ました。
「Aさん、新聞に載ってるよ。」
Aさんとは、私が母のように慕っている人で、メールをくれた友人とは、全く面識はありません。
「今度、会う時まで置いといて。」と、返信しました。
友人は仕事をしながら、認知症の母の世話をしています。自由な時間は全くありません。
二人でランチに行ったのは、もう何年前か思い出せません。
夕方、その友人が「これ置いとくで。お母さん、デイサービスから帰って来るから。」と、言い残し一瞬で帰って行きました。
友人は仕事の後、新聞を取りに家に戻り、私のところまで届けてくれたのです。

受け取った新聞紙を開いてみると、Aさんの記事は数行のほんの小さなモノでした。
「なあ〜んや。こんなちっさい記事やったんか。」と、私は一瞬思いました。
でも、その小さな記事の載っている新聞を無い時間を更に削って「早く、届けてやりたい。」と思った友人の気持ち。

私のたいせつなモノをわかってくれる友達。
私のたいせつなモノをたいせつにしてくれる友達。

私はこの友達から「たいせつなモノ」をもらいました。
[PR]
by peace3126 | 2011-11-05 22:14 | 日記(日々更新)