peace peace peace

peace3126.exblog.jp

きなこトースト

少し前の日曜日、とにかく暇で暇で。
小雨も降り出し、陽も暮れかかったころ、京都市内から親しいお客さんが来てくれました。
気を取り直し、カウンター越しにアレヤコレヤと話をしていると、駐車場に車が入って来ました。
「何名様ですか?」「5人です。」
ちょくちょく来ていただいているお客さんでした。
慌てて用意をし、注文していただいた珈琲ときなこトーストを出しました。
カウンターのお客さんが「おじいちゃんが好きだったのよ。」って言ってはるよ。」と、教えてくれました。
テーブルを見ると娘さん夫婦2組とおばあちゃんだけ。おじいちゃんはいません。
そして、みんな黒い服を着ています。

娘さんが「おじいちゃん、ずーっとここに来たがってたのよ。私が忙しくて、なかなか連れて来れなくて、入院することになって、退院したらきなこトースト食べに行こうね。って言ってたんだけど、急に悪くなってね。」

その後、閉店の時間までお客さんは途切れること無く来てくれました。そして、不思議なことに全てのお客さんがきなこトーストを注文するのです。

「がんばりや。」と、おじいちゃんの声が聞こえたような気がしました。
[PR]
by peace3126 | 2013-05-30 14:09 | 日記(日々更新)