peace peace peace

peace3126.exblog.jp

考えてください。

b0155370_1416764.jpg

(CNN) 殺処分が目前に迫った2匹の犬が檻(おり)に入れられ、おびえ切った様子で固く抱き合っているように見える写真が保護団体のフェイスブックに掲載され、大きな反響を呼ぶ出来事があった。

写真に写っている茶色と黒白の犬は「カラ」と「ケイラ」。処分施設の檻の中で、カラが茶色い両前足をケイラの首に回して固くしがみついている。2匹とも、まるで自分たちの身にこれから何が起きるか分かっているかのように、おびえ切った表情に見える。

この写真は、殺処分施設から犬や猫を保護する活動を展開している米アトランタの非営利組織(NPO)「エンジェルズ・アマング・アス」が20日にフェイスブックに掲載した。

2匹は引き取り手が現れない限り、その日のうちに処分される予定だったという。このため同団体は投稿の中で、「もしも里親になりたいと思いながらためらっているのなら、今こそ決断すべき時です」と訴えた。
写真はインターネットで瞬く間に広まり、共有や「いいね」は数千に上った。この反響のおかげで投稿からわずか2時間のうちに2匹の引き取り手が見つかり、殺処分施設を出ることができたという。

同団体は、男性に抱きかかえられて甘えるカラとケイラの2枚目の写真をフェイスブックに掲載。「2匹はもう安全です!」というコメントに添えて、ペットの避妊と去勢を促し、「ペットは生涯を通じて責任を果たさなければならないことを分かって下さい」と呼びかけている。

地球上で共存している動物同士なのに、人間はその他の生き物を支配しています。その生命を自分の都合の良いように扱う。増やし減らし。
そして、人間同士でも、理解できない上下関係ができ、自分の欲望のままに他人を殺め、また、立場を利用し権力を暴力として使う。

約1年、テレビの無い生活をしました。インターネットでニュースを拾い読みしていたので、これと言った不自由はなかったのですが、冬の間、何となく家の中が寒々としている感じがしたので、食事をする間だけでも観ようと思い、テレビを買いました。
ところが、流れてくるニュースは残忍極まりないものが多く、暗くなってしまうのです。
目を背けてはいけないことも多くあるのですが、
[PR]
by peace3126 | 2016-05-16 14:13 | 日記(日々更新)