peace peace peace

peace3126.exblog.jp

野鳥の会

クリックすると新しいウィンドウで開きます

昨年11月、家(店)の近くにある御陵池で、コウノトリを見ました。
車を運転中にチラリと見ただけでしたが、特徴を頭に入れ、家に帰ってから、図鑑で確認すると、間違いありません。
それからは、車を運転していても、散歩をしていても、営業中も鳥が気になって仕方がありません。
スズメだと思い込んでいた鳥が、少し小さい気がしたのでしっかり見てみるとシジュウカラやメジロだったりします。
知らないということは、ホントに勿体ないことです。
鳥の名前が分かれば、毎日の散歩がもっと楽しいはずです。
野鳥の会の活動は土曜、日曜だと思い込んでいたのですが、野鳥の会のHPを見てみると、月に一度平日探鳥会が第三水曜日平城旧跡であります。行けるやん!
1月の第三水曜日の朝は0℃。しっかりと着込み参加したのですが、歩くうちに汗ばみました。
参加者の方は私より20歳前後上の方が大半です。
「あの鳥何やろ?」と望遠鏡で覗いていると会の引率者の方が「どれどれ。」と近づいて来て、倍率の大きい望遠鏡で捕らえ、見せてくれます。この望遠鏡で見せてもらうと、小さな鳥の目の色まで、ハッキリと分かります。
視界の片隅をチョット横切っただけの鳥も、「アオジや。」「カシラダカや。」と言いながら、望遠鏡で捕らえ、野鳥図鑑と照らし合わせながら、説明をしていただきまました。
鳥だけではなく植物や平城旧跡の遺物についても、皆さんとてもよく知っておられるのです。

この日は、ヒクイナ、アリスイといった珍しい鳥も見ることができました。
意外だったのは、鳥と言えば空を飛んでいたり、枝に止まっていたりと、上の方ばかりばかり見ていましたが、地面を歩いている鳥がとても多いことです。

親のような年の方と約3時間。たくさんの知識と元気をいただきました。









[PR]
by peace3126 | 2017-01-20 15:23 | 日記(日々更新)