peace peace peace

peace3126.exblog.jp

<   2008年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

良い年を、お迎え下さい。

b0155370_22423935.jpg



お蔭さまで良い1年を過ごさせていただくことができました。

今年は、燃料、原材料(珈琲豆・小麦粉)の高騰などの悪条件が次々にあり、凹みそうな時が度々ありました。
でも、そんな中「がんばりや。」「応援してるよ。」って声をかけてくれたお客さま、本当にありがとうございました。

年末・年始の一週間の休みに、しっかり休息、充電し、また新年5日より、ひたすら珈琲を淹れたいと思います。



新年は1月5日(月)13:00より営業いたします。
(パンは、6日からです。)

[PR]
by peace3126 | 2008-12-30 22:42 | 日記(日々更新)

カフェ・オレ

b0155370_1026212.jpg


カフェ・オレがよく出ます。

大きなカップに、たっぷりと入ったカフェ・オレは、見ているだけでも温かさをかもし出しています。

ちょっと前に、お客様から「とても美味しい。」と褒めていただきました。その時に淹れ方についての話になり、「あ~だ。こ~だ。」と話している内に、「これかな?」と思うコツみたいなモノに気づきました。

至って簡単なコトなのですが、ミルクと珈琲を合わせてから、一煮立ちさせることです。
一度、試してみて下さい。

「PEACE」では、カフェ・オレの時の珈琲豆はフレンチを使い、珈琲を淹れる時より1.5倍ぐらい濃く出しています。

カフェ・オレのお供は、ロール・ケーキが一番多いようです。
[PR]
by peace3126 | 2008-12-20 21:16 | 日記(日々更新)

今年も残り僅か

b0155370_1754139.jpg


朝、起きてみるとくすごく濃い霧が出ていました。私は霧が大好きです。霧が出た日は、必ずいいお天気になりますよね。

今年も残すところ、約2週間になりました。
月に一度、遠方からのゴルフ帰りのお客様から、「今年は、これが最後のゴルフや。また、来年、来るわ。」と言われました。私も、「良い、お年をお迎え下さい。」と返したのですが、去年、「良いお年を...」と言ったのは、つい最近のような気がします。ホント、一年て「あっ」と言う間ですね。そして、年々、時間の経つのが、早回しになっていくような気がします。
この一年で、私は何ができたのかなぁ?

確か、今年も「めちゃくちゃ腹立つ~」って愚痴のメールを友達に何度か送った記憶があるのですが、今となっては、その内容は思い出せません。
でも、不思議なことに嬉しかったことは、いくつも思い出せて、度々、娘に「その話は何回も聞いた。」と嫌な顔をされます。結局、私の今年は「良い年」だったのかなぁと思います。

来年、60を迎えるお客様が、「60を機に良いことだけの日記を始めようと思う。」と言われました。嫌なことなんて、過ぎてしまえばどうでもいいことなんですよね。
[PR]
by peace3126 | 2008-12-14 17:15 | 日記(日々更新)

INFORMATION 5

PEACE PEACE PEACE INFORMATION
                               5
 「おかげさまで5周年」・・・おかげさまで5周年を迎えることができました。
「あっ」と言う間の5年間でした。何をやっても長続きした例の無い私が5年も、店を続けられたのは、お客様、友達、娘のおかげです。
何度も逃げ出したくなったことがあります。その度に、「店をやめたら、この人(お客様)に会えなくなる。」と思い、私が店を持てたことを喜んでくれた友達に、また心配をかけてしまうと思いました。小学5年生という難しい時期に、慣れた生活環境を捨て、不安一杯で、私に連れられて、ここに引越して来た娘のために・・・私一人の気持ちだけでは、続けられなかったと思います。

私は、娘が小さい頃、自分の時間や、やりたいことに制約があることに、とてもストレスを感じていました。今から思うと、子育てを楽しめなかったことは、とても勿体ないことです。その頃、私達は休日になるとよく二月堂に出かけました。季節・時間・天候を問わず、二月堂からの景観はすばらしいのです。

娘が小学校入学を控えた春、満開の桜を期待して、二月堂に行きました。奈良公園から二月堂まで、どの桜も満開でした。帰り道、娘がこんなことを言いました。
 娘 「桜の花は、きれいやなぁ」
 私 「花は、どの花もみんなきれいで。」
 娘 「ちがう、桜の花は他の花よりずっときれいや。なんでやろ?」
  私 「・・・・・桜は、花が散った後、暑いのを我慢して、寒いのも我慢して、
いっぱい我慢するから、きれいな花を咲かせることができるんとちがうかなぁ・・・」
  娘 「そしたら、ママといしょやなぁ。このちゃん(娘)早く大きくなるから、もうちょっと我慢してな。」
 「はっ」としました。一番我慢していたのは娘だったのです。

 今年の春、娘の「15の春」は「桜咲く」・・・まさに満開でした。
 私は、幼かった娘の我慢と期待に応えた花を、いつになったら咲かせることができるでしょうか。
[PR]
by peace3126 | 2008-12-05 22:44 | INFORMATION(伝えたいこと)