peace peace peace

peace3126.exblog.jp

<   2010年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

悩みの種=生き甲斐=武器

珈琲豆と食パン
「PEACE PEACE PEACE」を初めて7年、店を始める前の勤めから数えるともう15年ぐらい私の頭の中はこの2ツの物でいっぱいです。

最近、特にその思いが強くなったようで、パンが膨らまない夢を見たり、焙煎機が炎上する夢を見たり。
営業時間中に、急に煙突が気になり、バラバラに分解してしまったり。
「私、おかしくなってるみたい。」と、自分のことが心配になってしまうこともあります。
でも、やめられない。なんでやろ?

お客さんに「美味しい。」と褒めてもらったら、この「悩みの種」が、「生き甲斐」になります。
昨日、お客さんから「ピースさんは、食パンと珈琲豆の二つの武器があるから強いわ。」と言われました。
やっぱり、やめられへん。

焙煎を習いに行っていた時の夢を、1年に一度ぐらい観ます。
その店の焙煎機は、私が使っているものより3倍以上も大きいため、音も大きく、教えてくれるおじさんの声も聞き取りにくいのです。
「俺が、肩を叩いたら、その瞬間に豆を出せ。」と言われていました。
だんだん私の「今や。」と思う瞬間と、おじさんの肩を叩く瞬間が一致してくるようになりました。
「一か八か。」と思い、おじさんの合図を待たずに、豆を出したのと同時に、ポーンと肩を叩かれた時の「やったー」と言う気持ち良さは、今でも忘れられません。

「悩みの種」を手放したら、「生き甲斐」も「武器」も無くしてしまうので、やっぱりやめられません。


3月28日(日)は、奈良市茗荷町の「ギャラリーファブリル」で、珈琲を淹れさせていただきます。早春の山里で、「PEACE PEACE PEACE」の珈琲はいかがでしょう?

b0155370_050068.jpg
b0155370_05263.jpg

[PR]
by peace3126 | 2010-03-21 00:10 | 日記(日々更新)

お水取り


b0155370_23205534.jpg


「ピースさん、お水取りに、行きますか?」とお客様から訊かれました。
「いいえ。時間の余裕が全然無くって。」と、答えました。
「そうだろうと、思って。「糊こぼし」を、買って来たんですよ。」と、写真のお菓子をいただきました。
お水取りの間だけ作られる和菓子だということです。
食べるのがもったいないと思えるほどのきれいなお菓子です。勿論、とっても美味しかったです。

次の日、「閉店後に配達」と約束をしていたお客様が、お昼過ぎにパンを取りに来てくれました。
「今日は、配達のはずですが...」と、私が言うと
「夜は、すごく道が混んでると聞いたから。ちょっと、抜け出して取りに来たのよ。」と...

「お水取り」には行きもしないのに、こんなに「お水取り」に感動させてもらうなんて...
今年も「良い春」です。
[PR]
by peace3126 | 2010-03-14 22:42 | 日記(日々更新)

雨の日


b0155370_12282165.jpg


雨の日,食パンは間違いなく美味しく出来上がりまです。
それが分かってから、雨の日を「お天気が悪い。」とは、思わなくなりました。
毎日、食パンを焼いていても、私の理想の食パンには、なかなか出会うことができません。

捏ね始める時間、気温、水温、湿度など、パンの出来を左右する要素はたくさんあります。
私の経験や知識から考えて調節できるのもと、そうでないものがあります。

天気は私の力では、どうしようもありません。
雨さえ降ってくれれば、間違いなく食パンは美味しく出来上がります。
湿気を見方に付けて、勢い良く伸び伸びと膨らみます。

雨が降って、良いパンができると「自然の力」を再確認します。
写真のパンは、火加減も最適で、オーブンの中での位置も良く、かなり高得点の物です。
この写真を撮った直後に売れて行きました。

  〜お知らせ〜
ニュークロップのブラジルサントス(生豆)の水分が、例年より多いように思います。そのため、通常より少し煎りを強くしています。
日が経つにつれ、水分が抜けてきますので、少しずつ通常の煎り加減に戻していこうと思っています。
[PR]
by peace3126 | 2010-03-09 12:42 | 日記(日々更新)

「食べられへん」

b0155370_13252915.jpg


時間の無い私が、夕飯の食材として、重宝しているのが、この「豚バラ」です。
塩こしょうだけで炒めても良し。
大根おろしとポン酢で食しても良し。
「豚バラ丼」も美味しい。

銘柄や買う店も特にこだわりなど無いので、その時々で当たりハズレがあります。

ある日の夕食の時、「これは大当たりや。」という美味しい肉に当たりました。
娘も「この肉美味しい。」と言いながな、頬張っています。

「さあ、次の肉に...」と、私が箸を出そうと思うと、「この肉美味しいなあ」と娘がモグモグしながなら言います。
あまりにも、娘の「美味しいなあ〜」が幸せそうなので、私は肉を取り辛くなってしまい、他のおかずを食べます。
何度かそれを繰り返しているうちに、肉は無くなってしまいました。

肉はほとんど、食べれなかったけど、娘は、「豚バラ」で大満足だったので、「今日はヨシッ。」と言うことにしました。
[PR]
by peace3126 | 2010-03-03 13:18 | 日記(日々更新)