peace peace peace

peace3126.exblog.jp

<   2014年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

桜。満開です。

b0155370_12451069.jpg

店の前の道路の桜が咲き始めました。
10年前、引っ越して来た頃は、木も貧弱で花を咲かせない木もありました。
年々大きく枝振りも良くなり、最近は花をたくさん咲かせてくれます。
お客さんから「特にこの前の桜は立派やな。」と褒められると、まるで自分のことを褒められているように嬉しいです。
昼間の青空の下の桜も綺麗ですが、夜遅く車の往来が殆ど無くなって、街灯の僅かな明るさの中で見える桜もとても良いものです。

今年は開花を心待ちにすると言うより、もうちょっと待って!と言いたい感じですよね。
今朝、散歩の時に今年始めてのツバメを見ました。
これも例年よりかなり早いと思います。
[PR]
by peace3126 | 2014-03-31 14:12 | 日記(日々更新)

お知らせ。

b0155370_102188.jpg

久しぶりにメニューの表紙を変えました。
多分3年ぶりです。

4月からの消費税の増税に伴い増税分の3%を値上げさせていただきます。
どうかご了承ください。

b0155370_108473.jpg

店の看板やシュガーポット、オブジェを製作していただいている中尾るみ子さんの個展が4月1日まで奈良市水門町45「五風舎」にて開催中です。
お時間の許す方はどうぞご訪問ください。
[PR]
by peace3126 | 2014-03-28 10:22 | 日記(日々更新)

あと10年

b0155370_11303650.jpg

一月ぐらい前から、焙煎機のスイッチを入れると、嫌な音がします。
始めはキーンという音でした。メーカーのHPにメンテナンスが細かく書かれているので、「音」と項目の所を見てみると、「音については、電話でお尋ねください。」と書かれていました。
言葉の表現だけで、音を的確に伝えることができるだろうか?と不安でした。
取りあえず電話をして「スイッチを入れるとキーンと音がします。」と言うと、メーカーのおじさんから「ファンの周辺を掃除してください。」と言われました。
ファンの掃除をすると、キーンという音は止まりました。
でも、まだ雑音がします。また電話をして「〜な音がします。」と言うと、「〜を開けて、こーして、あーして。」と教えてくれます。すると、その音は止まるのです。
浪速の町工場のおじさんは、機械のことを知り尽くしているのです。

でもある朝、スイッチを入れても、動かなくなっていました。
また、メーカーに電話してみると、「モーターが壊れてしまったようですね。」と言われました。
修理に来てもらい、モーターを2個交換し、オーバーホールをしてもらいました。
この焙煎機を買って14年で修理に来てもらったのは始めてのことです。
修理に来てくれたおじさんは電話で話した人とは違う人ですが、この人も「THE町工場」って感じのおじさんでした。
おじさんは帰り際に「モーターの寿命はだいたい10年や。あと10年この焙煎機もつで。」と言いました。
「あと10年。」私もいっしょに働き続けます。
[PR]
by peace3126 | 2014-03-13 12:02 | 日記(日々更新)

21才。

先日、娘は21才になりました。
未来を夢見て、楽しい毎日のようです。

私は21才で冒険をしました。
小さな古い家を買い、犬の美容室を始めました。
その仕事は当時まだ先駆けで、その時の私の年齢から考えると、びっくりする程儲かりました。

私が高校を卒業した頃から、母は入退院を繰り返し、アルバイトで得た収入の一部を母に渡すのは当たり前でした。
当時、時給は500円程度。一月300時間を目標に働きました。その中から毎月5万円を母に渡します。
タイムカードが100時間を超えるとホッとしました。「ここからが自分のお金。」
でも、そのうちにこんなことでは、足りなくなることは分かっていました。

私にできそうで、小資本で始められること。なんとかして見つけなければ。
大の犬好きな私は、トリマーの見習いを始めました。大阪のペットショップまで見習いに行き、交通費込みで一月5万円でした。
当然これでは足りないので、夜はそれまで働いていた飲食店でアルバイトを続けました。
毎日朝8時に家を出て、帰るのは夜11時過ぎです。
ペットショプが休みの日は飲食店で12時間ぶっとうしで働いたり、図書館にある電話帳で奈良県のペットショップの分布を調べ、穴場らしき所を50ccバイクで見て回りました。
どんなに働いてもお洒落などする余裕等無く、同世代の楽しそうにしている大学生のバイト仲間に無性に苛立ちました。
「私には青春なんてない。」いつもそう思っていました。

娘が21才になり、当時のことをよく思い出します。
不思議なことに、とても苦しい時代だったのに、一番楽しい思い出になっています。
「誰よりもたくましく、濃く過ごした。」と思える私の青春です。

最近、当時のバイト仲間2人に再会しました。
出会ってから途切れ途切れながら30年です。
「あの頃、そばにいてくれてありがとう。」を伝えました。
[PR]
by peace3126 | 2014-03-01 16:47 | 日記(日々更新)