peace peace peace

peace3126.exblog.jp

<   2014年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

私にとって読書とは?

b0155370_20411447.jpg


昔から本は好きだったのですが、一昨年程前から活字中毒のようになっています。
その時読んでいる本を読み終えるまでに、次に読む本を確保しなければ落ち着きません。
それができるようになったのは、amazonのお陰です。
書店で買うと金額も嵩みますし、どれにしようかと選びに行く時間も私にはありません。
図書館で借りたりもしたのですが、店が忙しい日が続くと返却期限までに読み終えられません。
amazonで中古品ならとってもお得に買うことができます。
本を選ぶ時も読んだ人のレビューも参考になります。
お客さんや友達と本の貸し借りもよくします。

不思議なことなのですが、人から「これ読まへん?」と勧められた本は、その殆どが私がその時「読むべき本」なのです。
その本を読むことによって、悶々としていたことに、踏ん切りを着けられたり。勇気を貰ったり。真っ暗の中で少し光を感じたり。

ちょっと前にTVで古本屋のおじいさんが「本はもう一つの自分の世界。未来への跳び箱。」と言っていました。
私もそう思います。
私が読む本は殆どが小説です。作り話と言えばそれまでですが、私は小説の中の登場人物から教えられることがとても多いのです。
同じ本を複数の人が読んでも、読んでいる人の経験やその時の状況で、感じ方は様々だと思います。
読んでいる人が抱える沢山のモノを通して、その人の心に届くからだと思います。

登場人物の容姿、声。様々な場面の景色。ページをめくるごとに私の頭の中で出来上がっていきます。
もしこの本が映画化されたら...と、頭の中で俳優を決めたり。
青い空も赤い夕陽も、小鳥のさえずりも私だけのオリジナルです。

最近、お客様から借りて読んだ「永遠のカンヴァス」という小説は、まさに私の考える本の役目を果たしています。
ルソーが描いたとされる絵の真贋を見極める話です。
この小説に出て来るルソー、ピカソ、セザンヌなど名前だけは学生の時、美術の授業で聞き覚えていましたが、作風などは全然記憶にありませんでした。
話に出て来る画家やその作品をインターネットで調べながら読みました。
私はこれから先、この小説に出て来た画家の絵を見たらその絵を誰が描いたかを言い当てることがでりると思います。
そして、美術品の展覧会の仕組み。オークションについてすこしばかりの知識を得ました。
私はこの小説に「もう一つの世界」を紹介してもらったのです。
[PR]
by peace3126 | 2014-10-25 18:45 | 日記(日々更新)

紅玉

b0155370_1722213.jpg


生ではちょっと酸っぱすぎるリンゴの紅玉。
でも、焼き菓子に使ったら最高です。
甘く大きなリンゴが品種改良で次々に登場する中、だんだん片隅に追いやられていますが、無くならないで欲しいですね。
[PR]
by peace3126 | 2014-10-24 17:01 | 日記(日々更新)

情報流出

b0155370_12194495.jpg

TVでベネッセの情報流出のニュースを観て、「ケシカラン!」とは思いながら他人事だと思っていたら、我が家にもベネッセから手紙が届きました。
流出した情報は私のモノではなく、娘のモノでした。
娘の情報がなぜベネッセに?...しばらく考えて思い出しました。
娘が小学生の時、付録欲しさに小学生の学習教材を使っていたのです。

「謝罪として500円の図書券を。」という内容でした。
この金額が高いのか安いのか、私にはわかりません。
[PR]
by peace3126 | 2014-10-23 12:18 | 日記(日々更新)

州見台公園

b0155370_11585234.jpg


これは朝6時半頃の州見台公園の写真です。
散歩が気持ち良い季節になりました。
真夏の6時半は太陽が燦々の照り、汗がダラダラ流れます。
同じような時間に散歩しても、周りが暗いと早起きしたように思い得した気分です。

先日の皆既月食も早々に夕飯を済ませ、夜の散歩途中にベンチでゆっくり眺めました。
赤く染まったお月様がとっても神秘的でした。
ゆっくりお月様を眺めたのは、何年ぶりかと考えました。
[PR]
by peace3126 | 2014-10-11 11:57 | 日記(日々更新)

歩数計

b0155370_14395998.jpg


今まで携帯電話に付いている歩数計を利用していたのですが、あまりにも計測がいい加減なような気がするので、歩数計を買いました。

歩数計が出だしたのは、多分私が二十歳ぐらいの時で、「何歩歩いたかなんて、知って何が楽しいんやろ?」と思っていました。
でも、最近学生時代の友人に会うと、「一日何歩ぐらい歩く?」と訊き合ったりしています。
本やちょっとした印刷物の文字を見る時、目を細めたり、読む物を遠く離したり。
若い頃は、「近くで見えへんのに、なんで離して見えるねん。」と思っていましたが、その動作もすっかり板についてきたように思います。
老眼鏡も作ってはみたものの、驚異の視力を持つ私には使い辛く、初めは持て余していましたが、今では必需品です。

気がつけばドップリ中年になっていました。
[PR]
by peace3126 | 2014-10-06 11:58 | 日記(日々更新)

ニュース

朝の6時から夜の7時まで、ずーっと店にいて、テレビを見るのは夕飯を食べる小一時間ぐらいなので、世間のことに疎くなってしまいがちです。
でも、最近の大きな。そして悲惨なニュースには胸が詰まる思いです。
神戸の小学生の女の子が殺された事件。御岳山の噴火。

亡くなった人達は今日と同じように明日も来ると思っていただろうに。
私はここ2〜3年、ほぼ同じことの繰り返しで毎日が終わり、一週間が終わり、一月が終わる生活を送っていることを、当たり前だと思いがちです。
でも、そうではないということを、こういうことがあると思い知らされます。
「今日をしっかり生きなければ!」

亡くなった方々のご冥福を心からお祈り申し上げます。
[PR]
by peace3126 | 2014-10-04 11:44 | 日記(日々更新)