peace peace peace

peace3126.exblog.jp

<   2016年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ひーちゃん!!

b0155370_11342078.jpg

先週は神戸まで娘が住んでいる部屋の大家サンにお礼に行ってきました。
もう来ることはないだろうから、ゆっくりと大学の中を散歩。
山の斜面に建っているので、景色がとても素晴らしいです。
山を背に、海を臨み、心地良い風に吹かれて、ゆっくりゆっくり歩きました。
娘はこの素晴らしい環境で、勉強をして、クラブをして、恋愛をして、彼氏と大ゲンカをして、大学一の口の悪いカップルと言われたそうです。

娘の旅立ちは、嬉しくもあり、寂しくもあり、とても複雑です。
私より年上のお客さんが、珈琲豆の注文のメールに「心に穴が開いていませんか?慣れるしかないですよ。〜親はどんどん必要でなくなります。」と書き添えてくれました。皆、同じ経験をされているんですよね。

さて、嬉しいことも!
30年前のバイトの先輩が来てくれました。他の先輩に聞き、私が店をしていることを知り、来てくれたのです。
30年ぶりの再会に先輩は「誰ですか?」って言われたらどうしよう?って思い乍らきてんで。」
忘れるわけがありません。その人は、私が絶対に会いたい人の残りの二人のウチの一人。

「ひーちゃん!」私をそう呼んでくれる人達とは、最近疎遠になっていました。
社会人になってからは名字。
娘を産んでからは「このちゃんのおばちゃん」。
この店を始めてからは「ピースさん。」
私を名前で呼ぶ人もいますが、始めは「誰のことやろ?」という感じで、ピンときませんでした。
私は自分の名前があまり好きではありません。
「ひーちゃん」と私を呼ぶ人は、私を見守ってくれたり、喧嘩をしたり、怒ってくれたり。
私が今よりもっと、形作られていなかった時に側にいてくれた人達です。

バイトの仲間達も30年の時を経て、一仕事終え自分の子供達が、その頃の歳になり、その頃の仲間を懐かしみ会いたがっているようです。
皆、どんな30年を過ごしたのでしょう?
[PR]
by peace3126 | 2016-03-30 11:46 | 日記(日々更新)

これからは

b0155370_1456454.jpg

いよいよ娘が東京に出発する日が、近づいてきました。
2月頃、引っ越しの段取りを考えると、頭がパンクしそうになりました。
娘は今、神戸に住んでいます。
臨時休業はしたくない。でも、娘が一人でできるとは思えない。
どうしよう?どうしよう?
娘に電話をしてみると、「全部、会社がしてくれるねん。」
「ホッ。」としたのですが、暫くしたら「もう、私がいなくても、生きていけるんや。」と思い、たまらなくなりました。

4年前大学入学を機に、娘を家から出した時は寂しいなんて全く感じませんでした。
「もっと働かんなあかん。」そう思いました。
一昨年スコットランドに留学した時も超円安だったので「もっともっと働かんなあかん。」と思いました。
「私が働かんな、誰が働くねん!」そんな感じです。
「私がいなければ、娘は生きていけない。」そんな思いが私を奮い立たせていたのです。
子供を自立させることは、親の責任。私は23年間かかって責任を果たしたのです。
開放感と喜びで満ち溢れているはずなのですが、私の心の中は穴が開いたようになってしまいました。「私はもう必要とされていない。」

3月になり桜の蕾がシッカリと色付き始め、アプローチの黄色い水仙が咲き、娘の出発の日が近づき、「いろいろ考えてってしょうがない。慣れるしかない。」そう思えるようになって、心安いお客さんに、そんな私の情けない気持ちを話せるようになりました。
「これからは私達のために店を開けてや。」
「私で良かったら、ずっと来るで。」
12年間支えてくれたお客さんたち。これからは、このお客さんにのために店を続けて行こうと思います。

オニユリのように、何処にでも根をはり強くなれ。私の願いは叶えられたようです。
私達親子の財産「大きな夢と強い心」これを絶対に手放さないように。
これさえあれば、どんな困難も乗り越えられるはず。
[PR]
by peace3126 | 2016-03-21 15:31 | 日記(日々更新)

「安倍さんにおたずねします」

b0155370_1661512.jpg

「安倍さんにおたずねします」こんなタイトルの書かれた冊子を若いお客さんにいただきました。
私もたずねたいことがいっぱいあります。
日本が戦争に参加することになった時には、安倍さんをはじめ「集団的自衛権」に賛成した議員の方々は、真っ先に戦地に赴き、身を挺して、戦争にかり出された若者を守ってくれるのか?
私が言いたいのは、自分が戦地に行かないという前提だから、そんなことを言い出すんやろ?です。
原発、消費税の値上げ。自分たちには影響がないからできるんやろ?
もういい加減にしろ!!って感じです。

私たち国民は奴隷でも、モノでもないのです。
自分たちの生活が、自分たちの望まない方向に動いて行く。
どうしたら流れを変えることができるのでしょう?
[PR]
by peace3126 | 2016-03-14 15:41 | 日記(日々更新)

早咲き

b0155370_14511098.jpg

昨日の定休日は桜井の三輪神社へ。
気温20℃を超える暖かい日で、歩くうちに汗ばみました。
いつもどおりの道順をでお参りをし、最後にお参りする久延彦神社に向かう途中にほぼ満開の桜の樹を見ました。
私の店の前の桜はまだまだ蕾なので、かなり差があります。

この店を始めた頃、よく年配のお客さんが春になると、桜を追いかけて走り回っていました。
「歳をとると、桜を見られるだけでありがたいと思えるようになるで。今年も桜が見れた。来年は見られるだろうか?と思うようになるで。」と話してくれました。
そう話してくれたお客さんも、ご主人を亡くし、遠方に暮らす娘さんとの同居のために引っ越して行かれました。今も桜を追いかけているのでしょうか?

遠くに引っ越して来ていただくことのなくなったお客さん。引越でこの店に来てくれるようになったお客さん。桜の花は別れと、出会いを見守ってくれています。
[PR]
by peace3126 | 2016-03-09 13:26 | 日記(日々更新)

珈琲談議

私の店に来てくださるお客さんは、大半が私より年上の方がほとんどです。
取り留めない話をしていても、気付かされたり、後から思い出すとアドバイスだったりすることが多々あります。

私より珈琲歴の長いお客さんの珈琲の思い出話を聞くのもとても楽しいものです。
学生時代にアルバイトしていた喫茶店、通っていた喫茶店。店のこと、珈琲そのモノのこと。

私が高校生の時、その時付き合っていた彼と、少し背伸びして通った喫茶店。
ホントはパフェを食べたいのに、珈琲をたのんで、最後まで飲めずに。
今はなくなってしまったけれど、私の青春の思い出です。そんな時代が、私にもあったなんて。

少数派ではあるけれど、若いカップルのお客さんが来てくれます。
この若いお客さんが、今の私ぐらいの歳になった時、記憶の片隅に私の店と珈琲が残っていたら嬉しいな〜って思います。
[PR]
by peace3126 | 2016-03-03 15:04 | 日記(日々更新)