peace peace peace

peace3126.exblog.jp

<   2016年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

リンゴのタルト

b0155370_12320419.jpg
一年中を通して手に入れることのできるリンゴは、お菓子の材料として、とても重宝な果物です。
でも、今の時期限定の「紅玉」。出回る時期もうんと短く、そして傷みやすい。
毎年、紅玉を使える時期はとても短いのです。
野趣に溢れ、酸味が強く、香りも強い。熱を加えると透明な黃金色になり、見た目にも食欲をそそります。
砂糖煮にして冷凍しておこうと考えて、今年は、去年までの倍の量を購入しました。
毎日毎日、皮を剥き、鍋をかき混ぜ、やっと半分終わりました。
さあ、もう一踏ん張り!



[PR]
by peace3126 | 2016-10-29 12:34 | 日記(日々更新)

秋の遠足 JBT(ジャパン・ボヨヨン・ツアー)

ニュージーランドに住んでいるバイト仲間が、帰って来ました。
これは集まらないワケには行きません。                                                                  
今回は絶好の行楽シーズン。お天気にも恵まれ、Y夫妻のガイドで桜井・三輪周辺を回りました。
卑弥呼の墓の第一候補とされる「大市墓」。そして「長岳寺」「黒塚古墳」「桧原神社」
よく通る道の周りにこんな良い場所があるなんて、今まで勿体ないことをしていました。

今もこんな物が、あったなんて!素通りするワケには行きません。
b0155370_16451712.jpg
b0155370_10000750.jpeg
二日目は長谷寺の朝の勤行に参加。
b0155370_16520614.jpg

b0155370_16512732.jpg
朝日が昇り、変わり行く空の様子を見ながら、長い長い階段を登りました。小鳥のさえずりがBGMです。
荘厳でさわやかで、神様の存在を感じました。
長谷寺の階段は、399段。これは「死」を越えないという意味だそうです。

ふと、考えると、出会ってから30年。お互いの子供は、その当時の私達の年齢より年が上になっています。
子供達にも、私達のように、50を越えても大笑いできる仲間との出会いがありますように。




[PR]
by peace3126 | 2016-10-22 10:13 | 日記(日々更新)

熱田神宮

b0155370_11055179.jpg
名古屋の熱田に行く用事ができました。と、なると前々から「行きたい、行かねば!」と思っていた熱田神宮にお参りせずにはいられません。
「鬼神」とも言われた、織田信長が桶狭間の戦いの前に戦勝祈願をしたことで有名です。
至る所になんとも言えぬ澄んだ綺麗な気が満ち溢れているのがわかりました。
穏やかであるが、厳しく、正しく。こんな神様のご加護があったから、10倍の兵力と言われた今川軍を破れたのでしょうね。
「私の大切な人達が、健やかで希望のある毎日を送れますように。勿論、私も。」とお願いしました。

往復280キロのちょっとした旅。
行き道は、なんと全て下道です。清洲、弥富など小説で読んだ馴染みのある地名を見ながら、のんびりと楽しく運転しました。疲れを感じない良い旅でした。



[PR]
by peace3126 | 2016-10-13 14:38 | 日記(日々更新)

盗み聞き

b0155370_11585967.jpg
雨上がりの休みの日、奈良公園、二月堂に散歩に行きました。
敢えて少し離れたコインパーキングを選び、ぶらぶらと散歩しました。
空気も木々の緑も前日の雨に汚れを洗い落とされて、とてもきれいでした。
何処を歩いても、何処に目をやっても絵になる風景です。

二月堂まで登り持参の水筒で一息つき、お気に入りの空気と景色の中に身を置き、忘れたいことを捨て、大切なことをもう一度しっかりと胸の奥にしまい込む。私にとって二月堂はそのための場所です。
b0155370_11214475.jpg
何組かの観光客が来ていました。ガイドさんを同行しているグループがいて、私も説明を盗み聞きさせていただきました。
二月堂の前にそびえる立派な杉の伝説です。
昔、近江の国、滋賀に仲のよい夫婦がいました。二人には子供が有りませんので、毎日毎日、観音様にお願いしました。すると二人には男の子が産まれました。
観音様が授けてくださったのか、二人はお守りに小さな金の観音様を作り、その子の首にかけて大事に育てました。
ある日、畑で仕事をしているとき、突然大きなワシが現れ、木陰で寝ていた赤子をさらってしまいました。二人は必死で追いかけましたが、とうとうワシは見えなくなってしまいました。
ワシは奈良まで飛んでゆき、二月堂の下の杉にひっかけてその赤子を食べようとしましたが、その子の胸のあたりから後光が射してワシの目がくらみ食べることが出来ず、飛び去っていきました。
その杉にひかかっている赤子を見つけたお坊さんがその子を降ろして見ると、懐に観音様のお守りが入れてありました。
その子は良弁と名づけられ、後に立派なお坊さんになり東大寺の建立に力を尽くしました。
ワシにさらわれてから30年間、全国を探し回っていた母親とも杉の木の下でめぐり会い二人は幸せにくらしました。
その後、杉の木は「良弁杉」と名付けられました。

最近、気づいたことは自分の無知と世界の狭さです。
盗み聞きとは言え、少し賢くなることができました。




[PR]
by peace3126 | 2016-10-06 12:10 | 日記(日々更新)

手入れ

b0155370_10002540.jpg
毎日毎日、働いてくれる焙煎機。大がかりなメンテナンスは滅多にしませんが、ちょっとした手入れは必要に応じてしています。
ベアリングのグリスアップをしました。堅くなった古いグリスをスプレーで洗い落とし、新しいグリスを塗り、馴染ませます。
やり始めたら、なんてこと無い作業なのですが、ついつい「もうちょっと大丈夫。」と、先延ばしにしてしまいます。
これでまた、しっかり働いてくれるでしょう。



[PR]
by peace3126 | 2016-10-03 10:01 | 日記(日々更新)