peace peace peace

peace3126.exblog.jp

b0155370_15573611.jpg

今日は桜が満開。そして近所の小学校の入学式です。
ここ数年は桜の方が早く、入学式の日には、桜の花は散ってしまっていました。
そんな年は入学式の数日前の満開の日に、ピカピカのランドセルを背負った可愛い新1年生の写真を桜の木の前で撮る親子を何組か見ました。前撮りです。
私がそれを見ていると「撮ってもらえませんか~?」と頼まれることが、よくあります。勿論、断ることはありませんのでシャッターを押し、お礼を言ってもらって、立ち去ろうとすると「奥さんも、一緒に。」と誘っていただいて、全然知らない子供の
記念写真にエプロン姿のまま納まったことも、、、

店の前は桜並木ですから毎年2月に入った頃には、「今年はどうやろ?」と桜の話題が出始めます。
昨年、私は見事に咲く桜を見て、それまで感じたことのない気持ちなりました。
薄い桃色が妙に薄気味悪く、怪しく、油断をすると魅入られそうになり、慌てて目を逸らしました。
目の前にある桜が実態の無い虚像のようでした。毎年同じ桜を見ているのに。

そんな時お客様から「桜の花は、見る人の心そのもの。」と教えていただきました。
そう言えば、、、娘が中学に入学した年、高校に入学した年の桜は喜びと希望を辺り一面に放出しているように見えました。
大学受験に失敗し浪人が確定した年、春の嵐に晒されて、いっせいに花びらが舞い散ったのを見た時、花びらが予備校に支払った大枚に見えました。「S台に払った私のお金や。」
翌年、志望校に合格した時は「桜よりうちの娘の方が輝いてるやん!」って思い、春の嵐で花びらが散ったのを見て「なんぼでも持って行け!!」って思いました。

去年は娘が大学を卒業、東京に旅立って行きました。
嬉しいはずなのに、肩の荷が下りたはずなのに、入社試験に受かった時にはあんなに嬉しかったのに。
娘は自立し、私がいなくても生きて行ける。それがなかなか受け入れられず、寂しくて寂しくて。
毎日が希薄な感じでした。
去年の桜は、まさに私の心だったのです。

この一年、子離れするために、もがき苦しみました。
仕事の方は、二月にオープン以来の大好きなお客さんが亡くなり悲しくて悲しくて。
いろいろなことがあった中で「私がこの店をここで続ける意義」を考えました。
一年経ち現実を確実に受け入れ見極め、自分の生き方と、店の姿と動かし方が決まりました。
今年の桜はしっかりと根を張り、揺るぎない意思を私に見せつけているように見えます。
「どうや!綺麗やろ?来年はもっと凄いで!」と。








[PR]
# by peace3126 | 2017-04-07 16:00 | 日記(日々更新)

成績表

b0155370_13032699.jpg
ずーっと欲しかった木蓮。植える所が無いし、少々高いので諦めていたのですが、遠出した先で小さいながら、今まで見たことのない値段だったので、ついに買ってしまいました。取り敢えず鉢植えかなーって思っています。

今日で三月も終わり。ここは住宅街ですので春休みの子供達の声が聞こえてきます。
先週の今日は終業式で成績表を受け取りに子供達はドキドキしながら登校したようです。
その日の夕方、近所に住む小学生の姉妹がやって来ました。「おばちゃ~ん。成績表見て~。上がっててん。」
ランドセルから成績表を出し、嬉しそうに広げて見せてくれました。
二学期と比べ、二人とも◎が増えています。
「良かったな~。」三人で喜んでいると、妹ちゃんの方が「あっ!!私、△も増えてる。」
「えっ。。。」空気は一変。
△は忘れ物と、整理整頓に付けられていました。

私も整理整頓は苦手です。
いつも探し物ばかりして、人生で探し物をしている時間が一番長いと思っています。
数年前まで、娘が散らかしていると思っていたのですが、娘が家を出ても部屋は一向に片づかないので、やっと私が整理整頓が
できないのだと自覚しました。

「じゃー、こうしよう。」
「整理整頓は生まれつきの性格と才能やから、どうしようのない。走るのが速いとか遅いとかと一緒やん。だから、次は忘れ物をしないようにして、△を一つ減らそう。そして、◎を一つ増やす。」
お姉ちゃんとは、◎を一つ増やす。と約束しました。

私はこの姉妹からいつも元気をもらっています。朝の登校の途中、私の姿を見つけると「おばちゃーん」と、大きな声で呼んでくれます。
横断歩道のアッチとコッチで離れている時は、距離と車の音に負けないように、身を乗り出し大きく手を振り、私を呼んでくれます。
そのうち反抗期が来て、すれ違っても知らん顔される日も来るかな~。と思ったりもするのですが。
今のまま、のびのびと大きくなって欲しいって思っています。







[PR]
# by peace3126 | 2017-03-31 13:10 | 日記(日々更新)

お詫び。間違っていました。

昨日3月27日(日)の夕方、フレンチを飲んでくださったお客様が、お帰りの際に「苦みが強いですね。」とおっしゃいました。
私は「フレンチは苦みを出すために、コロンビアを入れていますから。」とお答えしたのですが、お客様が店を出られた後アッ!!と思い、珈琲豆を入れている容器を確認したら、フレンチに更にコロンビアを足したコーヒーゼリー用の豆を使っていました。
外に出てお客様を探しましたが、既にお客様の姿は見つかりませんでした。
お代金をお返しするか、もう一度飲んでいただきたいと思っています。
もし、このブログをご本人が読んでいただいたり、またお知り合いの方で思い当たる方がおられたらご一報いただけないでしょうか?
よろしくお願いいたします。


[PR]
# by peace3126 | 2017-03-27 12:39 | お詫び

挑戦

b0155370_18160643.jpg
こんなにたくさんの珈琲豆を一度に注文していただきました。
山形県酒田市のダイニングカフェをオープンされるお客様からのご注文です。
なんでまた山形から?って思うでしょう?
ご近所のお客様の実家が山形にあり、そのお客様のご両親がこちらに来られた時、珈琲を飲みに来てくださって、とっても気に入っていただいて、お友達にお土産に買って帰ってくださったんです。そのお土産を渡してくださったお友達の一人が62歳にしてお店をされることになったもです。

62歳と言えば、私より一回り年上です。
私は娘が昨年自立し、人生の大仕事を終え、このまま逃げ切ろうと思っていました。
もうしんどいことはしたくない。若くはないのだから。
今まで働きまくって来たのだから、これからはノンビリと。人生の後半でゆっくりするために頑張って来たんだ。と考えていました。
人生で初めてのお稽古事を始め、趣味を持ち「私、ノンビリと良い人生の後半を送れてるやん。」と思っていました。
穏やかになった自分を、年を取るとは、こうゆうことなのだ。と。

でも、一年経ち何かが引っかかり出していました。
「逃げ切ろうとしている。」
そんな時、安定した老後を捨て、挑戦しようとしている一回り年上の方に出会いました。

私はまだ挑戦できる。しなければならない。
生きてる限りGOGOGO!のはずやったのに!
こんな私は私じゃない!!

まだ挑戦することは、見つかっていません。
ゆっくりじっくり見つけようと思います。












[PR]
# by peace3126 | 2017-03-23 13:42 | 日記(日々更新)

春ですね。

b0155370_13102066.jpg
店の階段の一番手前に咲くこの黄色の花。
この花が咲いたら毎年「春が来た。」って思います。
暫くは暖かくなったり、また冬に逆戻りしたりを繰り返すけれど、日差しは春のそれに違いありません。

昨日で東北の震災から6年が経ちました。
6年前の震災の日もこの花が咲いていました。その頃はまだ株が小さく花付きが悪かったのですが、だんだんと株を大きくし少し離れた所にも種が飛んだようで同じ花が咲いています。
復興は未だに途中で難題が山積みのようですが、この花のように少しずつでも元気を広げていって欲しいです。


[PR]
# by peace3126 | 2017-03-12 13:35 | 日記(日々更新)