peace peace peace

peace3126.exblog.jp

吉野へドライブ。珈琲と豆の量について。

b0155370_10054855.jpg
今回の休みは、吉野にドライブ。美味しい空気をたっぷりいただいてきました。桜の花は咲いていませんが、蕾は膨らみ色づき、咲くための準備をしているようで、上から見ると薄いピンク色に見えます。
金峰山寺蔵王堂周辺を散策し持参のお弁当を食べ、片道4百数十段の脳天神社にお参りしたら、もう脚も腰もガクガクでした。折角来たのだから車で通過するだけでもと思い、奥へ奥へ。鬱蒼とした山の斜面に「義経隠れ塔」と書かれた標識がありました。こんな山奥まで逃げて来てたんや!とビックリ。寂しかったやろな~。いや、人目も無いから結構のんびりと過ごしていたかも。
帰路は木々の間から見える吉野山の景色を楽しみながら、ゆっくりゆっくり車を走らせました。途中イノシシが車の前を横切り、山の斜面をアッと言う間に登って行きました。バランスの悪い体型に見えるのですが、とっても身軽です。私のドライブの楽しみは、景色だけでなく、そこで暮らす動物との出会いです。良い一日でした。

お客様から、珈琲1杯に対しての豆の量を質問されました。私はいつもお客様の珈琲を淹れる時、豆の分量は目分量なのですが、これが長年していると、ピッタと正確なんです。私は16gの珈琲豆で180ccの珈琲の抽出しています。これは店の珈琲カップの容量が180ccなので、その量の珈琲が最も美味しくはいる珈琲豆の量です。抽出したい珈琲の量が倍の時、珈琲豆の量も倍にすれば良いという単純なものではありません。珈琲豆の量が増えると、ドリップの過程でペーパーが目詰まりし抽出が遅くなり、エグ味が出るからです。ですから店では同じ銘柄の珈琲を複数のお客様から注文していただいてもまとめて淹れることはせず、1杯ずつ淹れています。









# by peace3126 | 2019-03-21 10:48

梅見。

b0155370_12013891.jpg
先週に続き今週の休みも月ヶ瀬へ。満開でした。到着した午前中は肌寒かったですが、歩いているうちに雲も消えポカポカの陽気になりました。若い頃は何でわざわざ遠くまで花を観に行くのだろう?と思ったこともありますが、最近はドコソコの梅が綺麗、桜が綺麗と聞くと、行ける範囲で観に出掛けています。私の親世代のお客さんは季節の花を観る度に感謝の気持ちが湧くと言われます。「今年も元気で観に来れた。来年も観れますように。」と手を合わせることもある。と話してくださいます。こういう所に平日に出掛けると、私は若いと言われる年代で、階段や坂道をサッサと登る私に、おじいさんやおばあさんが、「若い人はえ~なあ~。私も昔はあんたみたいに歩くの速かった。」と話し掛けてきます。学生の時若い時は鈍足で、またその原因である太短い脚がコンプレックスでしたが、この歳になると、そんなことはどうでも良いこと、と言うより意識することすらなくなりました。太くても短くても十分に楽しめています。
b0155370_12584828.jpg
今日は朝から、手摺りにヒヨドリが止まりに来てくれました。もうそれだけで私の一日は良い日なのです。昔、保護していたヒヨドリが生まれ変わって来てくれていると思うのです。「ママ、今年も見に来たよ。元気にしてる?」って。ヒヨドリを保護していたのは、もう20年近く前。餌代が高く付くからミルワーム(芋虫)を自家繁殖までしていました。

昔の思い出。今の楽しみ。どちらも豪勢なきらびやかなモノはありませんが、私の身の丈に合った楽しみです。

# by peace3126 | 2019-03-15 13:11 | 日記(日々更新)

生姜

b0155370_12054729.jpg
生姜と蜂蜜がとても相性が良いのをご存じですか?
簡単にできて、保存のきく物(ジャム)をご紹介します。

材料は
  生姜 100g
  蜂蜜 100g
  水  25cc

手順は
  生姜の皮を剥きみじん切りにする。
  全ての材料を鍋に入れ生姜がしんなりし、水分が少なくなるまで煮る。
  消毒したビンに入れ冷蔵庫で保存。
  賞味期限一ヶ月

作りたてより1週間ほど経ってからの方が、味の角が無くなりまろやかになります。
バタートーストのトッピングとして、ヨーグルトに入れても。醤油ベースの料理なら隠し味にも使えます。

b0155370_12110245.jpg
先日の定休日は月ヶ瀬へドライブ。5分咲きでした。今週辺りが見頃ではないでしょうか。月ヶ瀬の梅も素敵ですが、その道中も自然が一杯で素敵です。少しスピードを落とすとウグイスの声も聞こえます。私は今度の定休日も行くつもりです。



# by peace3126 | 2019-03-07 12:14 | 日記(日々更新)

納豆

b0155370_14532509.jpg
確定申告のために宇治税務署に行きました。春のようなポカポカの陽気でした。臨時駐車場に車を停め川沿いを10分弱歩きました。たくさんのカモが日向ぼっこをしたり泳いだり。お日様を満喫しているようでした。もうすぐ飛び去って行くんでしょうね。

さて、最近私は納豆が食べれるようになりました。今は関西人も食べる人が多いようでスーパーマーケットにはたくさんの種類の納豆が並んでいます。私は子供の頃から、あの臭いがイヤでイヤで堪らなかったのです。この店を始めてから仲良くなった人達に私が今まで食べたことのなかった物の美味しさを教えてもらい、少しずつ挑戦しています。納豆もその中の一つです。
近所に住む仲良しの友達が山形出身者で、田舎から送って来た物をよくお裾分けしてくれます。関西とは気候風土の違う土地からの贈り物は、関西にずっと住む私にとって始めて味わう物もあり、刺激的だったりします。雪に閉ざされる時期のある土地ならではの保存食、糀を利用した食品、発酵食品は知恵の結晶ですね。
彼女に感化され醤油の実糀、だし糀、塩糀を造り、勧められて納豆を食べるようになりました。納豆を食べ出してから、劇的に体調が良くなっているのです。私は低体温に長年悩まされていて、冬はお風呂を出ると、直ぐに布団に潜り込まなくては、体が冷えてしまい寝れなかったのです。夜中に目を覚ますと脚が冷えていて、再び寝れないということもありました。ところが納豆を食べ出してからは、お風呂から出て直ぐにパジャマを着ると汗をかきます。そして、朝に目を覚ますと、まだお風呂上がりのように体がポカポカしているのです。今年は暖冬ですし、単純に納豆だけの効果だけでなく、生活のリズムを変えたこともあるあるかもしれません。
仕事を終えると直ぐに食事をして、散歩、食事の後片づけ、入浴、就眠。就眠時間を決めるのではなく、用事が済んだら寝ます。そして、朝は目覚めるままに起床。雑用は仕込みをしながら、開店までの時間に行います。そして、営業しながらできる雑用は後回しにして、できるだけ長く散歩をします。

自然の中にできるだけ抵抗なく身を置き、自然と気候を利用して、生活をすることはとても贅沢で、また大切なことなのではないでしょうか?また、そうすることによって、自分の持っている体の力を引き出すことができるのではないでしょうか?
日本人が日本の自然を受け入れ、それを利用することこそが、一番のストレスの無い生活に繋がるとも思います。






# by peace3126 | 2019-02-28 14:53 | 日記(日々更新)

高野山へ

b0155370_13290555.jpg
今期の冬は暖冬ですね。特に先日の私の定休日は春の陽気という予報がで出ていました。そうなるとジッとしているワケには行きません。ドライブです。高野山まで行ってきました。
私がまだ幼稚園児だったころ、もしかしたらもっと小さかったかもしれません。九州から祖父が来て一緒に行った記憶があります。夏でした。
覚えていることと言えば、鬱蒼とした参道の湿気、そこにたくさんの往来の人がいたことです。
車で高野山と書かれた標識を頼りにクネクネした山道を、この山の上に本当に街があるのだろうか?と不安になりながら登りました。
山の中の一部だけが街になっているのです。神秘としか言いようがありません。
仏様を信じる気持ちが造った街なんでしょうね。いつの世も人間には悩み苦しみは付きものなんでしょうね。何かにすがりたいって思う時は人生で必ずありますから。私もそんな時期がありました。もしかしたら、またそんな時が来るかもしれません。
自分の力ではどうにもならない時、気が狂うのではないか?!と思うぐらい苦しい時、あそこに行けば何かが変わるかも?という処があるだけで気持ちが少し楽になると思うのです。

b0155370_13221758.jpg
私の頭の上を鷹がゆっくりゆっくり何度も旋回しました。鷹は人間より命が短いのに、のんびりと悠々生きているように見えます。
短い命だからこそ、時間を大切に、すべきことを選んで、簡潔に生きているのでしょうね。

# by peace3126 | 2019-02-20 14:12 | 日記(日々更新)