peace peace peace

peace3126.exblog.jp

カテゴリ:日記(日々更新)( 372 )

秋の過ごし方

b0155370_12301539.jpg
毎年10月15日に行われる東大寺「大仏様の秋祭り 慶讚能」が、私の定休日の月曜日に重なりました。
マンデリンとキナコトーストを大好物にしてくださっているお客様の晴れ舞台です。
これは行かないワケには行きません。

「能」なんて、私にとっては遠い遠い存在だと、ずっと思っていました。
でも、こんな感じで気軽に楽しめる「能」もあるんですね。
お天気に恵まれ、鏡池の周りに座り、のんびりと楽しませていただきました。
「能」を観ながら、隣にいる人する軽く短い会話も楽しいものでした。
秋の良い休日を過ごさせていただきました。

b0155370_12551511.jpg
そして、またまた食パンのことです。
急に涼しく、いや、寒くと言って良いかもしれません。
夏の間は、「焼き上がりは11時頃」とお伝えしていたのですが、ここ暫く、30分から1時間遅くなっています。(12時前後)

前日の夕方に捏ねて、一晩寝かし、翌早朝に生地の状態を見て、分割、成形、焼成と作業を進めて行きます。
こちらの都合に合わせると、美味しいパンはできません。
生地の状態に合わせ、手を添えるという感じです。ですから、毎日焼き上がる時間は、微妙に違います。
お電話をいただいたら、その日の焼き上がりの時間をお答えさせていただきます。ご面倒をお掛けしますが、よろしくお願いいたします。




[PR]
by peace3126 | 2018-10-21 13:50 | 日記(日々更新)

芸術は爆発だ! そして食パンのこと。

b0155370_12182543.jpg
以前、ブログに書かせていただきましたが、ここ暫く私の中で食パンとトーストに対する思いが大きくなり、寝ても覚めても、休みの日も食パンとトーストのことで頭がイッパイになっています。
私の店に来てくださるお客様の特徴は「同じ物を食べ続ける。」で、約15年間他のメニューに手を出されない方がたくさんおられます。
そんなお客様に、「トースト食べません?」「他の種類のトーストどうですか?」と勧め、約15年間触っていただくことのなかったメニューを手に取っていただくことができました。
そして、15年目にして新しいメニューに挑戦していただき、「美味しいわ!」と言う言葉をいただくと、更に、私のトースト熱が高くなるのです。
「もっともっとトーストをアピールしたい。」そんな思いが高じて、自分でレリーフを作り出しました。
約1ヶ月もの間、ブログの更新を怠っていたのは、このレリーフが原因です。
「もうちょっと形になったら、ブログにアップしよう。」と思っているうちに、ドンドン日が経ってしまいました。
「この頃、全然ブログを更新してないから、心配しててん。」と、お客様に言われ、慌てて書いています。
私は芸術の才能はゼロ!絵も字も音楽も苦手です。
そんな私がレリーフに挑戦しようと思ったのは、あるお客様との出会いがキッカケです。
そのお客様は、定年され運動不足解消の散歩の途中で寄ってくださるのですが、散歩をしながら道端の草花を持ち帰り、自宅の玄関の一輪挿しに指すことを、日課にしているそうです。数年前には、ホールを借りて個展も開いたそうです。
私が「お花は、長く習っておられるのですか?」と尋ねると、「いいや。一回も習ってない。オレの師匠は利休や。野の花は、野にあるように。」と、ワハハと笑いながら、答えてくれました。
このお客様は子供の頃、習字を習っていたそうです。そのお客様曰く「オレは全然上手にならへんかってん。他の生徒は先生のお手本通りに綺麗な字を書くんや。イヤやな~。って思いながら行ってたら、ある時、先生が、「今日から書きたいように書け。綺麗に書こうと思うな。」って言うたんや。オレ、その日から下手クソでなくなったんや。書くことが楽しくなってん。オレ、油絵もしてるねん。油絵は気に入る絵になるまで、何回でも塗り重ねられるから、失敗なんてないねん。油絵も誰にも習ってないで。」
私はこのお客様のお陰で、「やってみよう。」と思ったのです。

字も絵も上手なことに越したことはありません。
「上手だね。」と人から褒められたら、誰でも嬉しいですよね。でも人から褒められることより、字を書き、絵を描き、歌を歌い、それによって自分が「楽しい」と感じられたら、それで良いのではないでしょうか?その人の人生は素晴らしいのではないでしょうか。
芸術は爆発だっ!!


[PR]
by peace3126 | 2018-10-14 14:26 | 日記(日々更新)

祝日、振替休日の営業のお知らせ

b0155370_17483698.jpg
9月17日、27日は月曜日ですが、祝日、振替休日につき、営業させていただきます。

ピースピースピースの珈琲とトーストを召し上がりにお越しください。お待ちしています。






[PR]
by peace3126 | 2018-09-12 17:52 | 日記(日々更新)

トースト その3

b0155370_14400593.jpg

オープン以来、殆ど変わらないメニューで営業させていただいているのですが、何故か今、私の中でトーストがブームなんです。
メニューもトーストだけのページを作りました。
そして、看板も。
今まで自分の目指す「食パン」を作ることに没頭していたのですが、今にして思えば、その食パンを使って「トースト」としてお客様に提供することには少し情熱が足りなかったかもしれません。
新しいトースターを購入し、焼き加減も試行錯誤の末、やっと落ち着きました。
オススメはやはり、トーストの王道「バタートースト(厚切り)」ではないでしょうか!
是非、ご賞味ください。

[PR]
by peace3126 | 2018-09-06 14:41 | 日記(日々更新)

トースト その2

b0155370_13580399.jpg
先回の投稿からちょっと日が開いてしまいました。
少しずつ新しいメニューを作っているのですが、手直しの連続でなかなか完成に至りませんでした。
やっと全てのページが出来上がったので、後はパウチをするだけです。

新しいメニューと格闘している時、私よりウンと若いお客様から質問され、回答とまではいきませんが、私なりにお話をさせていただく機会がありました。
1.この店をやろうと思ったきっかけ、理由。
2.店を長く続けて行く秘訣。 質問はこんな感じです。

1.の質問に対して。
私は30代で体質の変化で、急にアレルギーが酷く出るようになり、喘息と蕁麻疹に悩まされました。
咳で肋骨を3回折っています。
食品を購入する時に原材料、添加物もチェックするのですが、これが全然当てになりません。
それで、自分で食べる物は極力自分で作ろうと思い立ったのです。
丁度娘が小学校に入学した頃だったので、娘が友達を連れて来ると、作った物をオヤツとして、出していたのです。
子供はとても正直なので、その反応がとても勉強になるのです。
「おいしい!」っと言ってもらった時の喜び。この「おいしい!」と言う言葉は魔法の言葉です。
学生時代、飲食店でアルバイトをしていた時の楽しさを思い出しました。
そして、たびたび私が口にする「所詮人間、あれやこれやできるはずがない。何か一つ得意な物があれば生きていける。」
メニューの種類を極力絞り込み、ハズレを無くす。

2.の質問に対して。
これは、ただ潰れていないだけです。とお答えしました。

どちらも多少、的外れで期待された答えではなかったかもしれません。ごめんなさい。

私はこのお客様とお話をさせていただいて、とても大切なことに気づいたのです。
この店を始めて14年8ヶ月が過ぎました。私は14年8ヶ月前に夢を叶えたのです。
でも長く店を続けていると、そんなことを忘れてしまい、拘束時間の長さに苦しめられ辟易とし、自由な時間の多い人達が良く見えたりして、店を重荷に感じることさえありました。
でも、今回お客様が質問してくださったことがキッカケで私は「夢を叶えている。」ということに気づいたのです。
私は夢を仕事にできているのです。

今回のメニューはトーストの種類を増やしました。
私が作った食パンの美味しさを存分に知っていただけたらと思います。





[PR]
by peace3126 | 2018-08-23 14:51 | 日記(日々更新)

トースト。

b0155370_15595773.jpg

37℃を越える毎日。ひどい時は40℃に近い日も。
昨年も37℃を越える日が3週間っも続き、「異常だ。酷暑だ。」と言っていたのに、今年はそれ以上です。
お客さんや友人に「去年も暑かったのに、今年はそれ以上ですね。」と言うと、「えっ去年暑かった?」と返事が返って来ます。
私は、その返事が返って来る度に「人間って、すごいわ。イヤなことや辛かったことは忘れて、こうやって次の苦難を乗り越えて行くんやわ。」と感心します。

現在の私の頭の中は、食パンの発酵を如何にして押さえていくかということでイッパイです。まさに、寝ても覚めても!
焙炉は持っておらず、仕込み水の温度調節と、生地を入れる容器の上に保冷剤を幾つ置くか、また途中で溶けた保冷剤を凍ったモノに交換するかだけの温度調節です。アナログ、原始的も良いところです。
でも、原始的だからこそ、自分のイメージ通りの食パンが焼けた時の喜びは大きいのです。
これは仕事なのだろうか?それとも、生き甲斐なのだろうか?戦いか?最近は分からなくなっています。
満点の食パンを作るための完璧なプロセスは、未だに見つかりません。

今、トーストのメニューを変えようと試作中です。炭水化物の摂り過ぎを気にしつつ、、、
私にしか作れない食パンを使った、私の珈琲に合うトーストを!!
b0155370_16025143.jpg
b0155370_16005477.jpg


[PR]
by peace3126 | 2018-08-03 16:04 | 日記(日々更新)

夏休み

b0155370_15244242.jpg
早めの夏休みをさせていただきました。
前半は娘が帰省しましたので嵐山高尾パークウェイに早朝からドライブ。ところが、到着すると暑すぎて車から降りられないのです。
今年は異常な暑さですね。ここ2~3年暑さがドンドン増しているような感じですね。

b0155370_15255033.jpg
後半はピースを伴い、初めての旅行。広島に行きました。
あまりの暑さと平日ということもあり、高原全て貸し切り状態でした。
しっかりとリフレッシュして、この猛暑酷暑を乗り切ります。

以前、お知らせしていたサントスの変更についてですが、また以前と同じ品種を使えるようになりました。
これからもよろしくお願いいたします。


[PR]
by peace3126 | 2018-07-21 16:22 | 日記(日々更新)

梅しごと

b0155370_16240049.jpg
梅の実がスーパーや道の駅で売られているのが目に留まります。
久しぶりに梅シロップを作ることにしました。
その年にできた梅を使って梅酒、梅シロップ、梅干しなどを作ることを「梅しごと」というそうです。

「うめしごと」なんて素敵な言葉なんでしょう。
すごく単純なネーミングなのに、梅の実や使う道具や仕事をする人、そして台所の風景までもが浮かんでくるような気がします。
 昔々からある日本語がドンドン外国の言葉に置き換えられ、私は年々ちんぷんかんぷんになっています。
同じ意味でも、外国語に置き換えられてしまうと表面的なモノしか感じられず、理解はできても心に染み込まないような気がすることがあります。
外国語で表現した方が端的なモノもあると思うのですが、何から何まで置き換えてしまうのではなく、昔々からある日本の情景が感じられるような言葉は残しておいてほしいと思うのです。



[PR]
by peace3126 | 2018-06-28 16:25 | 日記(日々更新)

梅雨

b0155370_12072390.jpg
雨が降らないと困るけど、やっぱり梅雨は苦手です。
そんな梅雨の数少ない楽しみは、紫陽花。
画像の紫陽花は私が持っている紫陽花の中で、私の今年一番のお気に入りです。「有松」という品種です。

6月も後半になってしまいましたが、もう一度だけ6の付く日がありますので、書いておきますね。
「紫陽花のオマジナイ」
6月の6の付く日に紫陽花を吊すオマジナイです。
玄関に吊すと「幸運が訪れる」
リビングに吊すと「家内安全」
トイレに吊すと「下の病気をしない」
数人の方から教えていただいたのですが、人により少しずつ違います。
私は教えてくれた人の気持ちに応え、3ヶ所全てにしています。

オマジナイって、それをしたら絶対に良いことが起こる。というモノではなく、「オマジナイをしてるから大丈夫。」って、自分の心がちょっと明るくなるためのモノだと思うのです。

今年はどの花も咲くのが早く、私の植えている紫陽花も、もう花の盛りは終わっていますが、もし、オマジナイをされるなら差し上げますので、遠慮無くお申し付けください。

夏休みのお知らせ。
7月15日(日)~20(金)
休ませていただきます。




[PR]
by peace3126 | 2018-06-20 12:33 | 日記(日々更新)

紫陽花

b0155370_15242860.jpg
b0155370_15245884.jpg
上と下の紫陽花の花は同じ物です。
上は昨年の花、下は今年。紫陽花が土のPHで花の色を変えることはよく知られていますよね。
昨年、花が終わった後に植え替えをしたので、土のPHが変わり、花の色が変わったのです。

b0155370_15400734.jpg

b0155370_15403743.jpg
約1年半ぶりにニュージーランドから友達が帰って来ました。
彼女のリクエストに応え三輪神社へ。私はもう何年も月1ペースでお参りしているのですが、ササユリの見頃に出会えたのは始めてです。
まるで彼女の帰国にタイミングを合わせ咲いたようでした。
さて、今回の彼女の帰国の目的は「サツマイモ」のため。
彼女はニュージーランドのロトルアでサツマイモの事業を興そうとしているのです。
ざっと説明します。
ロトルアの産業は観光が主です。食料の需給率はとても低いそうです。
街にガソリンが無くなり自ら買い出しに行けなくなり、外部から入ってこなくなると、住民は食料は二日で底を尽きるそうです。
それではだめですよね。それを危惧していた人々と彼女が不思議な縁で繋がり、街をあげての事業が形になろうとしているのです。
今回彼女は栃木県のサツマイモ農園の視察、参考となるサツマイモの加工品の購入のために帰って来たのです。

そして、そのサツマイモの事業はサツマイモを作り、住民の食料需給率を上げる、街の特産物を作ると言った目的だけでなく、もう一つ
目的が有るのです。
障がいのある人達の自立できる環境・街を作ること。
障がい者の「できないこと」を見るのではなく、「できること」に光を当て「できること」を活かした仕事に就いてもらう。
障がい者とそうでない人が、各々の仕事を担い、分け隔て無く暮らす街を作る。
これが彼女の夢です。そして夢は形になり、彼女の生きる目的になっています。

凜と咲くササユリに彼女の姿が重なります。
住む場所を変え眩しいほどに変化した彼女の生き方は紫陽花のようです。
地球の裏側で、どんな地にもツルを伸し根をはり、大きな大きな実がなりますように。
今回彼女は、私に素晴らしいエッセンスを加え、たっぷりのスパイスを振りかけて帰って行きました。





[PR]
by peace3126 | 2018-06-10 18:49 | 日記(日々更新)