peace peace peace

peace3126.exblog.jp

<   2018年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

椿に魅せられて。

b0155370_15483488.jpg
b0155370_15485024.jpg
先週に続いて加茂町恭仁京近くにある山口椿園にお邪魔しました。
1週間前と違い気温がぐっと上がったお陰で美しく咲いた椿の花をたくさん観ることができました。

椿の花を見せていただくだけでなく、今回は椿園内の自然の営みを木蓮の下のベンチで、ゆっくりとたくさん話していただくことができました。
自然は面白い。と。
数本並ぶ檜を指を指され「あの檜は以前はもう一本あった。台風で一本が倒れた。そしたら、その横にある違う木が一気に大きくなった。近くに大きいヤツがいる内はジッと我慢をしているけれど、いなくなるとここぞとばかりに大きくなる。」
ミツバチの巣箱に目をやられ「日本ミツバチの蜂蜜を食べたら、他の蜂蜜は食べられない。それはそれは美味しい。
5月頃に分蜂する。ブーンブーンと気配のような音ようなモノを感じる。そしたら、あっ、今日辺り分蜂する。って思う。
たくさんのミツバチの群れはまるで黒い雲のような大群で空を舞う。新しい巣が見つかるまでは木の枝の又に大きな塊になりぶら下がっている。」

自然を楽しみ、自然と闘い、自然を生かす山口椿園の生活。
だからこそ、ここの椿は他の椿、他の花と違うパワーを持っているのではないでしょうか。
山口椿園の椿は咲かされているという感じがないのです。花が自らの意志を持ち咲き方を決めているように感じるのです。
屋外の桜、木蓮、桜草、温室内の椿、全てが静物とは思えない、しっかりとした気配が有るのです。

そして私がこの日、山口さんから一番印象に残った話は「椿は実生では親木と同じ花は作れない。種を蒔いても親木と違う花が咲く。だから、接ぎ木で増やしていく。椿は親と子は違う。」

山口さんは歳をとられ、三年前から接ぎ木は止めたそうです。今ある苗が無くなったら椿園は終わりになるそうです。
私は山口さんの椿に対する数々の知識、技術そしてこの椿園を継承して行く方法がどこかにないだろうかと、木蓮の木の下のベンチを思い出しながら、あの日からずっと考えているのです。




[PR]
by peace3126 | 2018-03-23 16:38 | 日記(日々更新)

最近はまっているモノ

b0155370_14231674.jpg
b0155370_14223822.jpg
椿。
この花の魅力的なこと。
艶やかな葉と鮮やかな花びら。お互いに主張しながら一歩も譲らず、でもお互いの存在がお互いを引き立てている。
ここ暫く椿を追いかける休日を送っています。
品種によって咲く時期がずれているので、たくさんの品種が揃っての満開を観ることはできませんが、長い期間楽しめます。
今週は加茂町の恭仁京近くにある山口椿園にお邪魔しました。
美しくそして伸び伸びとした椿は正しく椿園の主山口さんのお人柄そのもののようです。
「いつでもおいでね~。またおいで~。」の言葉を真に受けて暫く通わせていただこうかと思っています。

b0155370_14225466.jpg
そして、もう一つ。私が今はまっているモノ。
はちみつチーズトースト。スパイシーなブラックペッパー仕上げにをかけて。
カフェオレととても良く合うのです。
新しくメニューに加えようかと検討中です。





[PR]
by peace3126 | 2018-03-16 14:40

ピース。

b0155370_15240128.jpg
お恥ずかしい話ですが、私はこの店をするまで、「平和」について深く考えることなく、他人任せだったような気がします。
この店に「PEACE PEACE PEACE」という店名を付けたことで、「平和」について私が考えるきっかけをお客様から頂くようになりました。
上のフライヤーに書かれている「入谷方直氏」はオープン当初からのお客様です。
彼がたった一人で始めた活動が、少しずつ広がり、形になって来ました。
彼の活動に関心と興味を持ってくれる方、そして協力してくださる方が増えるようになることを心から祈っています。



b0155370_15233531.jpg
もう一つ。
このフライヤーもお客様から頼まれて店に置いているものです。
お時間の有る方、お時間を作れる方、この映画を観ていただけませんか?

[PR]
by peace3126 | 2018-03-08 15:47 | 日記(日々更新)

根性

b0155370_14453299.jpg
b0155370_14462237.jpg
休みの日、お天気が晴れなら、もうじっとしていられません。取り敢えず洗濯だけして、出掛けてしまいます。
この前の休みは、「まだちょっと早いかな?」と思いながら、大和郡山の盆梅展へ。
樹齢100年を越える、立派な盆栽がたくさん展示されていました。
印象に残ったのは、この「根性」と名前が付いた盆栽。
絶対に花を咲かすぞ!って感じです。
b0155370_14484478.jpg
屋外の梅はまだ、チラホラという感じの咲き方でした。
来週、また行ってしまうかも!
若い頃は、わざわざ花を見に出掛けるなんてしたことは無かったのに、歳をとった証拠ですね。






[PR]
by peace3126 | 2018-03-01 14:52 | 日記(日々更新)