peace peace peace

peace3126.exblog.jp

プチ 同窓会

高校の同級生が7人、来てくれました。

つまり40過ぎのうるさいおばちゃんが、私を入れて8人集まったわけです。
中には、卒業以来全然会っていない友達もいて、25年ぶりの再会でした。
感動のあまり、泣き出す友達も・・・

一瞬にして、高校時代にタイムスリップです。
そして、それぞれのキャラクターとポジションは変わらないままです。
遅れて来たMは「コニャニャチワ」と、大声で挨拶をし、「笑いの女王」の健在をアピールしました。
そして、何と言っても一番の驚きは、「私、孫がいるねん。」と言うSの発言。

暫くして、娘が学校から帰って来ました。娘は、私達と同じ高校に通っているので、皆、懐かしい制服に大感動。

現在の母校の話になり、私が「授業中、喋っている生徒なんか一人もいない。」と言うと、「手紙は書いてないの?」と一人が言い・・・
「購買部のパンが、生徒の手の届く所に置かれている。」と言うと、「えーっ、誰も取らへんの?」と他の一人が言い・・・

思い出話に花の咲いたひと時でした。
[PR]
# by peace3126 | 2009-02-21 18:30 | 日記(日々更新)

103ミシン

b0155370_11235466.jpg
   

1週間ほどミシンにはまっていました。

上手ではないのですが、時々ミシンを踏みたくなります。

娘が小さい時は、保育園で必要な物や、簡単な服などをよく作りましたが、大きくなるにつれ、「買った服がきたい。」と言われるようになり、あまり作らなくなりました。確かに、写真を見ると「これは酷い。」と思うような、へんてこな服があったりします。

私の使っているミシンはドイツの「SNGER」社の物で、通称103ミシンと言われるモノです。103ミシンとは、業務用の動力ミシンを家庭用のコンセントで使えるようにしたモノで、直線縫いしかできません。多機能なコンピューターミシンが主流の今、アナログでマイナーなミシンです。

でも、このミシンは優れモノなんです。(ブルーフレームヒーターと並ぶ。。。)
多機能ミシンは、複雑な糸繍などをするため、針を取り付ける部分に遊びがあり、直線を縫った時、針がぶれてしまい真っ直ぐなラインはでません。
でも、103ミシンは、直線しか縫わないので、その部分に遊びが無く、ぶれないので、真っ直ぐなきれいなラインがでます。

機能が少ない分、故障もメンテナンスもほとんどありません。
パワーも他のミシンとは、比べものにはなりません。デニム地の裾上げも目飛びすることなく、できます。


私は、多機能なキラキラした今の流行物より、一つのコトしかできなくても、その一つが優れているモノに魅力を感じます。
ブルーフレームヒーター、103ミシン、オーブン、そして焙煎機。
[PR]
# by peace3126 | 2009-02-13 18:50 | 日記(日々更新)

ブルー フレーム ヒーター

b0155370_22253945.jpg



やっと灯油が安くなり、2年ぶりにブルーフレームヒーターを出しました。

この2年間、エアコンで暖を取っていたのですが、暖かい空気が頭上を舞うだけで、体の芯まで、温まることはできませんでした。

久し振りにブルーフレームを出して、その暖かさ実感しています。

お客様から、このヒーターについて色々質問をいただくので、長所と短所を書いてみます。

価格は、4万円程度。
長所は、見ているだけで、ホッとするデザイン。足元から頭のテッペンまで、温まります。
ほとんど故障することは無く、永久的に使用できます。(要:芯交換)

短所は、タンクがカセット式でないため、本体ごと移動し、給油しなくてはならない。
タンクも、小さいため、給油も頻繁になる。(私は、1日1回)
芯の交換はとても面倒。替え芯は2500円程度(1年~1.5年に1回程度)
[PR]
# by peace3126 | 2009-02-06 22:14 | 日記(日々更新)

ジンジャー・レモン

b0155370_12345618.jpg


寒い時は、ジンジャー・レモンが体を温めてくれます。
これは、ピースのオリジナルで、リキッドを作って保存しています。

冬は、お湯で割りで、ジンジャー・レモン。夏は炭酸で割り、ジンジャー・エール。
ジンジャー・エールは、アイス・コーヒーと同じぐらい人気があります。

「これ、どうやって作ってるの?」とよく訊かれます。詳しいレシピは、公表できませんが、作り方は、至って簡単なのでお教えします。是非、作ってみて下さい。

材料は、生姜、砂糖、水、レモン。
ピースでは、シナモンとクローブも入れていますが、お家で作られる時は、そこまで凝る必要は無いように思います。

先ず、生姜の皮を剥き、水と一緒にミキサーにかけます。それを、砂糖と一緒に鍋に入れ、ひたすら炊きます。最後にレモンを絞り、一煮立ちさせます。これで出来上がりです。
冷まして、冷蔵庫で保存してください。

もし、作った時、あまり美味しくなかっても、捨てたりしないで暫くおいておいてください。作った直後より、2~3日経ってからの方が、熟成して美味しくなります。
[PR]
# by peace3126 | 2009-01-30 14:22 | 日記(日々更新)

若いっていいなぁ~

b0155370_16221168.jpg



この冬の寒さもピーク。朝起きると店の前の中央分離帯は霜が降り、真っ白です。

仕込みをしながら、チラチラと外を見ると、中学生が自転車で登校して行きます。
勿論、私にも中学生の時はあったので、寒い中、自転車に乗っていたこともあったのですが、今の私には考えられません。

「ちょっと、走ってくるわ。」と高校生の娘が、ジャージ姿で出て行きました。今、体育の授業はマラソンです。マラソンは娘の「負けず嫌い」のハートに火を点けます。帰宅後も、バスを追いかけて走っています。

先日、娘が自分で作った弁当を忘れて行ったので、私がお昼に食べようとしたのですが、ご飯をギュウギュウに詰め過ぎて、箸が折れそうでした。「おはぎ」と同じぐらい、ご飯粒が潰れていたように思います。元気の源は、ここから来ているのでしょうか。


マラソンが終わると、風邪での欠席者が増えます。そうすると、また娘の楽しみができます。給食の「おかわり」が、ジャンケン無しでできるのです。夕食後、献立表を見て、次の日のおかずが、「唐揚げ」だったりしたら、飛び跳ねて喜んでいました。
今年は高校生になり、弁当なので、風邪が流行っても、娘の昼ごはんには、影響はありません。そのことに、娘が気づいたら「ショックを受けるだろうなぁ~」って言うのが、今の私の心配事です。
[PR]
# by peace3126 | 2009-01-20 14:35 | 日記(日々更新)